FC2ブログ

Global Money

投資戦略/資産運用/貯蓄から投資へ/個人投資家向けサイト

「インデックスファンド」コスト比較ランキング!信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは?/ザイ・オンライン 

  • 「インデックスファンド」コスト比較ランキング!信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは?/ザイ・オンライン

  • 「ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズ」や「たわらノーロードシリーズ」などの相次ぐ信託報酬引き下げや、従来の「eMAXIS」より信託報酬を抑えた「eMAXIS Slim」の登場など、最近、インデックスファンドの「信託報酬引き下げ競争」が激化している。運用コストが下がるのは個人投資家にとって非常にありがたいのだが、反面、「結局、どのインデクスファンドが一番お得なのか」が、わかりにくくなってしまった。

     また、投資信託の運用コストは信託報酬だけではない。わずかだが売買委託手数料など、その他の「隠れたコスト」も発生している。本当にお得なインデックスファンドを選びたいなら、信託報酬以外のコストを加味した「実質コスト」も比較したい。

     そこで、低コスト・インデックスファンドの「信託報酬」と、運用報告書などから計算した「実質コスト」を比較し、ランキングを作成した。今回は、低コスト・インデックスファンドとして人気が高い以下の12シリーズを比較した。

    ○ ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズ
    ○ たわらノーロード
    ○ eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)
    ○ eMAXIS(イーマクシス)
    ○ iFree
    ○ 三井住友・DC
    ○ SMT インデックスシリーズ
    ○ インデックスe
    ○ 野村インデックスファンド(愛称:Funds-i)
    ○ i-Mizuhoインデックスシリーズ
    ○ 楽天・バンガード・ファンド
    ○ Smart-iシリーズ
    関連記事


    [ 2018/01/08 09:36 ] 投資 | トラックバック(-) | コメント(-)
    IVX Volatility Monitor
    DTCC Market Data


    FC2 toremaga FX 相互リンクとランキングプラス i2i ブログ王 bp フィードメーター - Global Money PVランキング